e

マンゴスチンはインタラクティブストーリー「ピュートルストーリー」を制作するために1996年より、泉原昭人、溝上幾久子を中心に活動を開始しました。現在はスタジオ・マンゴスチンとして、アニメーションやインスタレーション、WEB等様々な表現スタイルの制作に取り組んでいます。

 Biography

1996年 インタラクティブストーリー「ピュートル・ストーリー/Putle Stoy」(発行:毎日コミュニケーションズ)
2000年 インタラクティブストーリー「パントス・ストーリー/Pantos Story」(発行:講談社)
2001年 Mangosteen Exhibition「パントス・ストーリーの世界」(Hartfiield Gallery)
2002年 写真集「ウィータ・ラカーマヤ」
2005年 アニメーション「セルネフ」"Selnef"
2007年 アニメーション「小さなとかげ」"Topy and Liitle creature"
2008年 アニメーション「赤い森の歌」"The Song of Red Forest"
 アニメーション「Brilliant Tree」
2009年 WEB絵本「ピュートルストーリー」"putle story"(FLASH)
2010年 Mangosteen Exhibition2「ウィータ・ラカーマヤの世界」"The world of Vita-Lakamaya"(馬喰町ART+EAT)
2011年 アニメーション「リリタアル」"LI.LI.TA.AL"
2014年 ハンズボン映像展 HANS DUBON FILMS"SUMMER"、  ハンズボン映像展 HANS DUBON FILMS"WINTER"
2015年 ハンズボン映像展 HANS DUBON FILMS"夏の終わりに・・・宿題やったか!?"
2015年 アニメーション 「ウィータ・ラカーマヤ」"Vita Lakamaya"
2017年 ハンズボン映像展 HANS DUBON FILMS in Kiso(木曽ペインティングス)ハンズボン映像展 HANS DUBON FILMS in Kotsubo

 Award

・White サカス映像コンテスト2009:最優秀賞(Brilliant Tree)
・東京国際アニメフェア2009:優秀賞(赤い森の歌)
・札幌国際短編映画祭2009:最優秀国内作品賞・最優秀アニメーション賞(赤い森の歌)
・札幌国際短編映画祭2012:最優秀作曲賞(リリタアル)
・札幌国際短編映画祭2016:最優秀ノンダイアログ賞(ウィータ・ラカーマヤ)
・モルビド国際映画祭2016:ブロンズスカル賞(ウィータ・ラカーマヤ)
・京都インディーズ国際映画祭2017:審査員賞(ウィータ・ラカーマヤ)


 Member

 ・泉原昭人:アニメーション、グラフィック制作 / Akihito Izuhara:Animation, Graphic
  http://www.mangost.gr.jp/izuhara
 ・溝上幾久子:原作、脚本、グラフィック制作 / Ikuko Mizokami:Original Author, Graphic
  http://studiowaterwolf.blogspot.jp